読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otomonekoの日記

ゲームを楽しむ日々を綴る日記

夜の神殿に眠れ第2話を遊んできました

【DQX】

先日ラウルの身上について勝手な予想をしたところ、ほしづくよさんにコメントをいただき、より突っ込んだ考察をしていただきました!(*´ω`*)

 

名前の語源・太陽の王国史・先行研究である会議室本棚の書籍の三点から、ラウルの正体を考えてみました。 - ほしづくよのドラゴンクエストX日記

リンクってこれでいいのかしらどうなのかしら・・・。

 

私は「なんとなく~」で思いついたことだけ書いているんですけど、ほしづくよさんは資料などきちんと調べて根拠をあげて考察していらっしゃるんですよ。

っていうか考察されている方は皆さんそうされているんですよね!

以前から「ラウル=砂漠の狼王」説をあげていらっしゃる方もおられるようで、そんなことも調べずに「うふふ(*´ω`*)思いついちゃった♪」と書いている私、すごく恥ずかしい・・・///

資料など探さない読まない私ですが、ほしづくよさんの考察を読んで「なるほどなぁ!」と膝を打ち、アストルティア知識を補っております。

どうぞこちらも読んでいただいて「ガッテン!」していただければと思います(*´ω`*)

 

「夜の神殿に眠れ」第2話を遊んできました。

f:id:otomoneko:20160224175639j:plain

ネタバレがあるので、隠しちゃいます。

 

 

基本は第1話と同じく、リィンとラウルを交互に操作して謎解きをしていきます。

光と鏡を使った謎解きは面白かったです(*´ω`*) 時間を忘れて取り組んでしまいますよね。

f:id:otomoneko:20160224180626j:plain

私はまず最後の鏡を決めてから、逆に辿っていく方法をとりました。(意味わかるかな・・・)

地下4階の謎解きはちょっと時間がかかりました。二つの部屋に分かれているのでリィンとラウルを行ったり来たりしながら、15分くらいかかったんじゃないでしょうか。

でもそれ以上に最後のボスとの戦闘は苦しみました・・・。

実はボス討伐まで2日かかりました。

一度クリアできなくてダメだったので離脱し、仕事しながら「こうしてみたらいいのかな? いやでも・・・」と考えて考えて、なんとか今日クリアできました(;´Д`)

自分で考えてクリアしたかったので意地になってしまいました(´・ω・`)

陣のところまでモンスターを押す、ということに固着してしまって、逆だということに気付いたときは頭の上に「!」がでた気分でした。

赤はすぐ動かせたのですが、緑より先に黒に取り掛かってしまって動かせず「なんだこりゃあ!」と思考停止状態にw

ラウルだったら押せるのかな・・・と明後日の方向に試行錯誤を始めてしまったり(ラウルを操作キャラにできないかなとかやってました・・・)。

なんとか状況を整えてリィンのムーンライトクロスを撃ったところ、ボスの真ん中に入り込んで撃ったために一気に倒せずやり直す羽目になったりしました。

最後はMPもほとんど残っていない状態で、なんとかクリア!という感じでしたね。

脳みそが硬くなった婆には難しかったです・・・(´-ω-`)

 

ストーリーはね~・・・、婆は胸が苦しくなってしまいました。

f:id:otomoneko:20160224182201j:plain

リィンやラウルの言葉一つ、表情一つに胸がドキドキしてしまいました。

悲恋だとわかっているだけに、二人の気持ちが少しずつお互いに寄り添っていく感じが「あああぁぁぁっ!!」って叫びたい気持ちになります。

わかりますか、この初々しい二人を見ていて、照れくさいやらなんやらの気持ち!

 

夜の神殿で二人が集めている月の像は8つになりました。月の像には短い言葉で夜の王国が滅んだ理由が書かれています。

第一の月の像

「第一の月(の)像に 記す。

 夜の(神)殿は 古(代)より こ(の)地に暮ら(す)

 夜の民(に)よ(り)て 造ら(れ)た。」

第二の月の像

「第二の月の像に 記す。

 夜(の)民は 少数(・・・)族なが(ら) その結(束)力は固く

 独特の儀(式)や祭祀に(・・・)り 高(度)な文明(を)築(く)。

第三の月の像

「第三の(月)の像に 記す。

 夜の民(の)王国は 王の一族(に)より治(めら)れた。

 王の(一)族(は) 王国に伝(わ)る秘宝を管(理)し(た)。」

第四の月の像

「第四(の)月の像に 記(す)。

 夜の民(が)誇る秘(宝)は ジャ(イ)ラの奇跡と呼ば(れた)。

 夜(の)神殿(の)最奥(に) 納めら(れ)た。」

第五の月の像

 「(第)五の月の像に (記)す。

 東の砂多き地(よ)り 太陽の王国(と)呼(ば)れる

 新(興)の国が(・・・)れ この地(を)攻め(・・・)せた。」

第六の月の像

「第六の(月)の像に 記す。

 夜の王国(と) 太陽の(王)国は 長い(年)月

 戦い(を)続け 夜(の)王国は衰(退)し(た)。」

第七の月の像

「第七(の)月の像に 記す。

 夜の(神)殿に眠(る) ジャイ(ラ)の奇跡は

 夜(の)王国(の) 最後の切り札(だ)った。」

第八の月の像

「第八の月(の)像に 記す。

 時(の)王 ヨ(・・・)リエ(・・・)カトルは ジ(ャ)イラの奇(跡)に

 太陽(の)王国の 滅(亡)を願っ(た)。」

 ( )内の文字は自分で予想したもので、わからないものは原文まま(・・・)で書き起こしました。

月の像はあと4つあるはずですが、既に夜の王国の滅亡まで書かれていますね。

だとするとあと4つはジャイラの奇跡が「何なのか」、どうやって使うのかが記されている?かもしれない?

太陽の王国はアラハギーロ王国ですよねぇ。

ラウルの身上は明確には出てきませんでしたが一言だけ、

f:id:otomoneko:20160224185012j:plain

もうラウル=狼王でいいですか?(´・ω・`)

太陽の紋章も持っていたので、確定でいいですよね・・・。

それで「約束」は最初の「もう一度会おう」ではありませんでしたね。

f:id:otomoneko:20160224190633j:plain

こっちかぁ・・・。

まぁ一度神殿を出ているので違うだろうなとは思っていましたが、ここまで胸キュン展開だとは・・・。

正直ラウルはそんな格好良くないと思っていたのですが、話が進むと段々格好良くみえてくるから不思議!

f:id:otomoneko:20160224191214j:plain

うん、格好いい気がします!

ラウルはリィンをかばって呪いを受けてしまいますが、その呪いの模様がこれ。

f:id:otomoneko:20160224191010j:plain

腕しか見えていませんが、おそらく体全体にあるはず。

f:id:otomoneko:20160212145546j:plain

これ!! マリーンの体にある模様じゃないですか??

リィンはラウルの呪いを身代わりに引き受けるんじゃないですかね。リィンは夜の民の末裔だと思うのですがどうでしょう。

リィン=滅ぼされた夜の王国の末裔、ラウル=夜の王国を滅ぼした太陽の王国の王という立派な悲恋関係成立!

失恋したのは振られたからではなく、泣く泣く身を引いたということでしょうか。

ところでジュリアンテっていつ出てくるんでしょう? 出てきますよね?妹だし。

 

んー、もう一度第2話を遊びたいけど、リプレイは謎解きが面倒で辛いのですよね~。

 「夜の神殿に眠れ」シリーズは、何話まであるんでしょうか。続きが楽しみでしょうがないのですよ!

第3話はVer3.2後期に配信するそうなので楽しみですね~。第1話から第2話まで長く待たされましたからね。早い配信を期待したいですね(*´ω`*)

 

 

 このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。

©2012-2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights