読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otomonekoの日記

ゲームを楽しむ日々を綴る日記

DDON、レスタニア序節到達

その他ゲーム

【DRAGON'S DOGMA ONLINE】

f:id:otomoneko:20160516132111j:plain

ラ、ラージャンさん?? え、出張??

しかもボス感ばりばりでしたね・・・。

イリスちゃんが復帰したと思ったら、なんかラージャンに魅了されちゃったみたいな場面あったんですけど・・・、また離脱したりしないよね?ね?

一緒に戦えるわけじゃないんですけど、イリスちゃんいないと画面に華がないのよね。

 

Lv35にあがって、これでメインストーリーが進められる!と思ったら、もう1つ条件があってダウ渓谷の名声レベル5にしないといけませんでした。

あぁん(´;ω;`)

f:id:otomoneko:20160516132451j:plain

白衛騎士団の団長ゲルトのクエストを受けて、イヤミなヤツだと思っていた彼の印象が変わりました。

なんでこんな隅っこのガケっぷちに立っているのかと思ったら、彼の見つめる先にある塔での出来事が、ゲルトを団長になろうと決意させたようです。

白竜を守る為、そして覚者に頼りきりで弱体化してしまった白衛騎士団を立て直す為に、ゲルトは戦ってきたようです。

f:id:otomoneko:20160516132031j:plain

ゲルトが超かっこよかった!

ボスに到達するまでに回復薬をほぼ使いきってしまいました。サポートポーンを二人借りる為に、レベル20ちょっとのサポートポーンにしたのですが、さすがにまずかったですね。

サポートポーンは大体攻撃を回避してくれるのですが、まったく当たらないわけでもないので、レベル差もあってバッタバッタと死んでいくんです。ヒーラーのプリーストだけでは回復が間に合わなくて、途中の雑魚相手にも回復薬を使いまくりました。

そんな状態で挑んだボス戦。

一緒に戦ってくれたのはイリスちゃんではなくて、ゲルト団長率いる白衛騎士団。

このモンスター、めちゃくちゃ暴れまわって被弾が多いし痛いし、ポーンたちはバタバタ死んでいくし出直しを考えました。

でもゲルトさんが「退くな!ひるむな!弱点を見極めろ!」と率いる団員を鼓舞し続けるんですよ。

やばいゲルトさん死亡フラグ立ってない?!と思って、必死に頑張りました。

NPCなので死なないみたいで、ポーンたちが倒れていく中ずっと戦って鼓舞し続けてくれて、すごい心強かったです(*´∀`*)

ゲルトさん死ななくてよかった・・・(´;∀;`)

f:id:otomoneko:20160516134041j:plain

誇らしげに手にしているのは「命の器」。赤く光り輝いているのは斃れた騎士団員たちの命です。

「命の器」を手に入れて喜ぶ覚者たちの後ろで、斃れた団員たちの傍らに膝をつくゲルトさん。いい男過ぎて泣ける(´;ω;`)

f:id:otomoneko:20160516135440j:plain

白竜に「命の器」に満たされた命を捧げます。命=ブラッドオーブなんでしょうか。

同じものを出張ラージャン(仮名、名前でてこなかったからわからぬ)も持っていたので、彼らもまた「誰か」を復活させようとしているということになります。

金色のやつかな?

そういえばアークと形が似ているような。もしやアークは「命の器」を巨大化させたものとか?

f:id:otomoneko:20160516135644j:plain

f:id:otomoneko:20160516135808j:plain

演出が鳥肌モノでした・・・!

ヤバイ!すごい格好いい! なんだこれ、ほんとに感動して涙が出そうでした!

白竜が目覚めることで覚者たちは更なるチカラを継承します。でも白衛騎士団にはなにもないんです。ただ誇りだけ!

ゲルトさんのこの誇らしげな笑顔がステキすぎるでしょう!

感動でうるうるしながらイベントが終わったところで、

f:id:otomoneko:20160516140407j:plain

「レスタニア序節 到達」

あ?

「レスタニア序節 クリア」じゃなくて、「到達」? ・・・到達?

え? ここから始まるよー!ってこと?

涙が一瞬でひっこんだわ。

 

上の画像の左上を見ていただけるとわかると思いますが、課金しました

冒険パスポートですね。30日間15黄金石でございます。

お財布にお金はなかったけど、CAPがあったので( ´艸`)

序節到達で「は?」となったけれど、よく考えたらDDONは2015年8月にサービススタートしたばかりでしたね。

そうそう簡単にストーリーも進むわけないですねw

フィールドを走り回ってなんとかレベル35になりましたが、それでもまだ行ったことのない場所がたくさんあります。知らないストーリーもあるでしょう。

そう、ゲルトさんのストーリーとか!

多分あまり期待している人はいないであろう、ゲルトさんストーリーを楽しみにしつつキャラ育成に励みたいと思います(*´∀`*)♪

 

ストーリーについて言えば、プレイヤーがNPCから信頼を得るようなイベントがなかったにも関わらず、あなたなら!的なセリフを言われて「え?」と思うようなところがいくつもあるんですよね。

Lv5ごとにメインストーリーを進めるための条件にするのはいいとして(細切れ感があってあまりよろしくない感じはしますが)、その間にサブクエストとしてそれぞれのNPCの悩み事とかを解決してあげたり話を聞いてあげるようなイベントがあれば、流れがいいかなぁと思いました。

世界観を理解していなかったのですが、覚者というのは本来白竜からチカラを継承していずれ竜を継ぐものだったのですね。それが白竜が眠りの落ちている間守る者という役割になって世界に覚者が増えてきているんですよね。

たくさんいるはずの覚者の中から、特に信頼を得るようになるまでの流れがほしかったなーという感じです。今のままだとちょっと唐突なんですよね。

世界観を把握できるようなストーリーもありませんよね。家庭用版を遊んだことのある人をメインにしているのかなとも思いますが、私のような完全初心者もいるのでもうちょっと世界に浸れるストーリーがほしいなぁと感じました。

まぁ私自身が設定好きなので、そう感じるだけかもしれません。

 

音楽はどれもステキですね。特にBOモンスターとのバトル曲、ダウ峡谷の戦闘曲、ゆさぶりが発生するような大型モンスターが瀕死になったときに変化する曲の3つが大好きです!

f:id:otomoneko:20160516145615j:plain

(画像に意味はありません。ゆさぶり中。狭いところで暴れられると酔いそうになる)

この3つはテンションあがりますねー!

これから先まだまだいろいろな曲があるんでしょうね。楽しみです( ´艸`)

 

 

(C)CAPCOM CO.,LTD. 2007, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.